1. トップページ
  2. 毛穴と皮脂の関係

毛穴と皮脂の関係

【毛穴部位】頬

40代

10年前は、お化粧直しが必要でしたが、最近は、皮脂の分泌量も減ったので、お化粧が崩れなくなってきたので、お化粧直しもあまり必要がなくなりました。また、頭皮の脂の量も減って、いつも頭皮がカサカサと乾燥した状態で、市販の洗浄力の強いシャンプーが合わなくなり、2度洗いすると、乾燥しすぎて、地肌が失った脂を取り戻そうとして、シャンプーの後に脂が過剰に出るようになり、頭皮の脂のバランスが崩れるようになりました。

【毛穴部位】小鼻

30代

以前はニキビに悩まされていたのが、まったく出なくなったので、皮脂の分泌量は減り、夏場でもカサカサします。昔はすぐにテカテカで、あぶらとり紙が必須だったのに、今や皮脂もあまり出ないので、あえてオイルが配合されたスキンケアを好んで使っています。

【毛穴部位】小鼻(鼻周りも)と頬

50歳

皮脂の分泌量はかなり増えていると実感します。化粧をすると短時間で脂が浮いてきて、マメに化粧直しをする必要があり面倒になりました。以前は汗のようにサラッとしていて、あまり不快に感じませんでしたが、今ではベタベタと濃い脂になり、まるで古くなった油のようです。植物油に例えると、10年前は使用前の新鮮な油、今は天ぷらや揚げ物を沢山した後の茶色くなった油といった感じです。

【毛穴部位】小鼻

32歳

10年前に比べると皮脂は大幅に増えたように感じます。夕方になると化粧が浮いて顔全体がテカって恥ずかしいです。顔に手を触れると指先にじっとり脂が乗るくらい…。乾燥肌でもテカるんだな?とこの年齢になって初めて知りました。これが年齢肌なんですね…。

【毛穴部位】頬

40代

昔に比べて皮脂の量も減りました。化粧品を購入するときに肌状態の分析を受けたら、皮脂が不足しがち、という結果が出ました。昔は汗や皮脂のせいでメイクの崩れを心配していたのですが、いまでは皮脂が足りないくらいです。適度な潤いのためには、皮脂も必要なので、乾燥が気になります。

【毛穴部位】小鼻

58才

皮脂の分泌量はかなり減っていると感じています。サラッとしていますね。食事で脂っこい物を食べた時は、肌にも多少皮脂が現れますが、ティッシュで抑えれば落ち着きます。また、風呂上りに乳液やクリームをつけた後の浸透力が強くなったと思います。

【毛穴部位】頬と鼻の頭

50代

午後からTゾーンや鼻のあたりがテカリ出すので、皮脂の分泌はまだあると思います。ただ、指で触った時に昔は指先も脂でテカったんですが、今はそれがなくなりました。脂取り紙やテッシュオフをしても、そこまでギトギトにもなりません。これが、皮脂が減ってて質も変わったってことなんでしょうか。

【毛穴部位】小鼻

40代

皮脂分泌量も10年前と比べると大きく変化がありました。昔は全体的に皮脂分泌が活発で、特にTゾーンの皮脂はすごかったです。お化粧崩れもTゾーンから始まるという感じでした。今は皮脂の状態はさらっとした感じで、以前ほどたっぷり分泌されててかてかになるということも全くなくなりました。

【毛穴部位】小鼻

34歳

皮脂量はやや少なくなってきた印象です。10年前は比較的べたっとした印象の皮脂でしたが、ここ数年はそこまでのべたつきのない、さらっとした皮脂に変化してきたように思います。また皮脂の出る部位も、以前は顔全体だったのに比べて今は鼻とおでこに限定しています

【毛穴部位】小鼻と頬

30代

皮脂の分泌量は減ったように思います。10代から20代にかけて当たり前のように使っていた脂取り紙を30代に入るころから使わなくなっています。夏場も若いころは顔中テカテカしていたのが、最近はティッシュで軽くおさえるくらいで済んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加