1. トップページ
  2. 毛穴と洗顔の関係

毛穴と洗顔の関係

【毛穴部位】頬

40代

10年前には、小鼻の角栓をとるために、たまにスクラブ入りの洗顔フォームを使用することもありましたが、今では、使用すると、小鼻の皮がむけることもあるので、使用しなくなりました。また、顔が乾燥しているので、洗顔料を良く泡立ててから使うようにして、なるべく顔を擦らずに、泡を転がすようにして、洗顔しています。

【毛穴部位】小鼻

30代

今はしっとり系でもっちりとした固めの泡ができる洗顔料でたっぷりの泡を作って、短時間で洗い流しています。10年前は泡を乗せてしばらく置くような泡パックをしていたのに、今や乾燥が怖くてできません。もちろんすすいだ後もしっとり感が残るような洗顔料です。

【毛穴部位】小鼻(鼻周りも)と頬

50歳

10年前はサッと簡単に洗顔をしていましたが、今では洗顔にかかる時間は倍以上に長くなりました。年々、顔の汚れ(皮脂)が気になる一方で、その分念入りに洗顔をし、洗顔料も段々値段が高く、肌に優しいものを選ぶようになりました。そして、洗顔法も色々なサイトを見たりして研究をし、良い洗顔法を実践するようにしています。

【毛穴部位】小鼻

32歳

10年前はドラッグストアで買える安い洗顔料で手早くササッと洗顔していましたが、今はネット通販した保湿力の高い洗顔料で、泡立て方までしっかり動画(化粧品メーカーの公式動画など)で確認しながら洗っています。一度の洗顔で皮脂が落ちたと実感できないことも多くて、時々2度洗いすることもあります。

【毛穴部位】頬

40代

乾燥が気になるので洗顔に使う石鹸を洗浄力がマイルドなものに変えて、朝は水のみの洗顔で済ませることも多くなりました。洗顔方法も、できるだけ泡立てた洗顔料で優しく洗顔して、お湯の温度にも気を付けるようになりました。洗浄成分が肌に残らないように、丁寧にすすぐことも心がけています。

【毛穴部位】小鼻

58才

クレンジングはクリームを使って丁寧にするようになりました。時々は天然のオリーブオイルを混ぜたりしています。その後にレンジで20秒ほど温めたタオルを顔にあて、暫くして入浴中に洗眼するようになりました。クレンジングウォーターや拭き取りタイプを使用すると、乾燥が酷くなります。

【毛穴部位】頬と鼻の頭

50代

10年ぐらい前は、吹き出物なんかもよく出来ていたので、朝も洗顔ファームを使って洗顔していました。洗い過ぎも良くないと言う話を聞いてから、ここ最近5年ぐらいは朝はぬるま湯だけで洗うようにしています。洗顔剤は入浴時にだけ使うんですが、以前はダブル洗顔不要のお手軽タイプを使っていたんですが、肌への負担を考えてメイク落としはオイル系で洗い流すタイプ、その後洗顔石鹸を泡立てて洗っています。

【毛穴部位】小鼻

40代

洗顔は10年前は、顔のベタつきが結構ひどかったので、念入りに顔を洗っていました。朝と晩以外にも昼にも数回洗顔することもありました。ですが今は洗顔もあまりしすぎると肌の乾燥がひどくなるので適度に皮脂を残すように、あまりゴシゴシ洗わないようにしています。使用している洗顔料もナチュラルで洗浄力のあまり高くないものを使っていますがそれでも十分です。

【毛穴部位】小鼻

34歳

以前はどのような洗顔料でも肌荒れせずに、とにかくさっぱり洗い上がるものを好んで使っていましたが、今は適当な洗顔料を使うとてきめんに肌荒れするようになってしまいました。さっぱり洗い上がるよりも保湿成分が配合されているものなどを選んで使っています。

【毛穴部位】小鼻と頬

30代

洗顔にかける時間は短くなりました。乾燥肌になってしまった自覚があるので、夜はメイク落とし+洗顔をおこないますが、朝はぬるま湯でさっと流すのみです。洗顔料は独身時代に使っていたものの5分の1ほどの価格になってしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加