1. トップページ
  2. 毛穴とメイクの関係

毛穴とメイクの関係

【毛穴部位】頬

40代

10年前と比べて、シミが増えてしまったので、ファンデーションで隠そうと厚く塗っていた時もありましたが、ファンデーションを厚くぬると、余計老けて見えるということに気がついたので、最近は、あまり厚くファンデーションを塗らないように気をつけています。

【毛穴部位】小鼻

30代

メイクにかかる時間は以前と変わらず、スキンケアを含めて20分以内です。しかし配分が変わり、若い頃はアイメイクを丹念にしていましたが、今はベースを作ることに時間を割いています。下地、ファンデーション、コンシーラー、ハイライトなど、肌のくすみやシミを隠すメイクに変化しました。

【毛穴部位】小鼻(鼻周りも)と頬

50歳

メイクにかける時間は倍まではいきませんが、多少長くなりました。毛穴を完全に隠すのが大変になってきたことと、メイクにムラがでてしまい、メイクの完成時間が以前よりも長くなったせいです。毛穴を隠さなくてはいけないので、メイクは当然濃くなり、以前はしていなかったベースメイクもしっかりとするようになりました。

【毛穴部位】小鼻

32歳

10年前はナチュラルメイク風のほぼスッピン(化粧時間10分)でも問題ありませんでしたが、今は必死にナチュラルに見える濃いメイク(化粧時間30分超え)を勉強して実践しています。毛穴が目立たないように厚く化粧すると、顔だけ白く浮くくらいい濃くなってしまうので加減が本当に難しいです。

【毛穴部位】頬

40代

メイクは昔からナチュラルでシンプルなものにしています。乾燥しがちな肌に合わせて、ファンデーションを変えました。ある程度保湿力があって、日中の乾燥を防いでくれるようなファンデーションを選んで、使っています。できるだけシンプルなメイクできれいに見せる使い方を調べて実践しています。

【毛穴部位】小鼻

58才

朝のスキンケアに賭ける時間はそれ程変わりませんが、保湿液や乳液をしっかりつけてから下地をつけてメイクをするようになりましたので少し時間は増えたと思います。ファンデーションは以前よりもつける量が増えたと感じています。

【毛穴部位】頬と鼻の頭

50代

メイク用品の数に差はありませんけど、時間に余裕が出来たせいもあって、かなりゆっくり時間を掛けるようになりました。昔は、10分ぐらいでササっとという感じでしたが、今は一つずつの動作を丁寧にするようになって20分ぐらいかけています。

【毛穴部位】小鼻

40代

メイクにかかる時間は、10年前は15分ぐらいでササッと終わらせていました。今は、メイクにかかる時間はちょっと長いと思います。というのは肌の乾燥がひどいのでファンデーションを塗る前には、しっかり下地で潤いを与えておかないと粉を吹いたように見えてしまうので、念入りにメイクを行なっています。

【毛穴部位】小鼻

34歳

以前は簡単なメイクでも十分見られましたが、今はコンシーラーでシミやくまを隠したりする手間が増えましたのでメイク時間は倍近くになりました。メイクの濃さも、シミなどの欠点を隠すために少し濃くなっている印象です。

【毛穴部位】小鼻と頬

30代

時間がかかります。20分ほどでしょうか。日焼け止め、下地、リキッドファンデーション、パウダーのあとにポイントメイク、といった感じです。やはり年齢とともに見られたくないシミが増えてきますのでメイクは濃くなってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加